第2世代抗ヒスタミン薬アレグラは副作用が少ない

くしゃみをする女性

花粉症の薬は第2世代抗ヒスタミン薬を使用することが多いです。第2世代抗ヒスタミン薬はザイザル、アレグラ、アレロックなどが代表的で、それぞれ薬の特徴も異なります。

アレグラの主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、薄いオレンジ色の細長い形をした錠剤です。処方される薬の他に市販薬としても販売されており、市販薬と処方薬とでは若干効果に差があります。

処方されるアレグラは、季節性アレルギー性鼻炎や通年性アレルギー性鼻炎によるくしゃみや鼻水、鼻づまりに効果があります。そして乾燥によって肌がかゆくなったり、虫刺されによって皮膚炎をおこしたり、といった時にもアレグラが使用されます。

一方市販のアレグラの場合、皮膚の症状に効果のある成分は含まれていません。ですが、処方薬と同じように季節性と通年性のアレルギーには効果があり、成分も同じとなっています。どちらも1回1錠を1日2回、朝と夕方に服用するようになっています。

アレグラに含まれているフェキソフェナジン塩酸塩は、比較的副作用が少ないことで知られている薬です。眠気に関してもザイザルよりも出る頻度が少ないので、薬を服用する際の注意事項にも、運転をしないように、などの記載はされていません。薬の服用回数は多いものの、眠気が起きにくく、口の乾きも少ないため子どもでも使いやすくなっています。

とはいえ、アレグラも薬ではあるので、若干の副作用は存在します。主な副作用に頭痛やめまい、倦怠感や疲労感、腹痛といったことがあげられます。頭痛があるのが特徴で、まれに頭が痛い、ということを訴えることもあります。花粉症の時期は気圧の変化も生じやすく、季節の変わり目で風邪もひきやすいので、片頭痛なのか風邪なのか悩むこともあるのですが、アレグラを服用していて風邪や片頭痛の症状が出ていない場合は、薬の影響を考えてください。

重篤な副作用としては白血球の減少やアナフィラキシーショック、というものがあげられます。アナフィラキシーショックはどのような薬を服用してもなる危険性があるのですが、意識がなくなったり呼吸困難を起こしている場合は医療機関をすぐに受診するようにします。

このほかの副作用は下痢やしびれ感、月経異常ということがあります。月経異常は子どもに起きやすいので、あらかじめ伝えておくと子どもも安心して薬を服用することができます。

第2世代の抗ヒスタミン薬のアレグラは、安全性が確認された副作用が少なく、眠気も起きにくい薬です。しかも口の中の乾きも感じにくいので子どもでも使いやすい薬でもあります。市販薬の場合、大人は薬剤師などがいるドラッグストアですぐに購入することができるのですが、子ども用のものは薬を服用するにあたって確認書を提出する必要があり、なおかつ薬剤師に許可を得ないと購入できないようになっています。

初めて使う場合は処方されているものを用いたほうが安全でありますし、何かあった時にすぐに相談ができます。