せきが出る女性とマスクをかける女性
寒気がする女子

花粉症は、春先と秋に起こる鼻水や目のかゆみといった症状のことです。アレルゲンとなるものは、春ならばスギやヒノキ、初夏であればイネ科の植物、そして秋にはブタクサなどとなっており、1回でも花粉症になってしまうと、毎年同じ時期に同じ症状が現れるのが特徴です。

特に鼻水に関しての症状が出ることが多く、何をしていなくても鼻水がたれてしまったり、鼻の中の粘膜が腫れてしまい鼻詰まりが生じ、副鼻腔炎を引き起こしてしまったりと生活にも影響が出てきます。目にかゆみが生じる場合は、花粉が舞っている時期はコンタクトレンズをしないほうがよく、ファッションなどを楽しむことも難しくなります。

大人だけでなく、子どもも近年では花粉症になる人が多くなっており、年々増えているのが現状で、今年はならなくても来年はなる可能性が誰でもあり、花粉に対して必要以上に吸い込まないことが必要になってくるのです。

花粉症の治療方法にはザイザルなどの花粉症やアレルギー専用の薬を服用したり、点眼したりする方法があります。数多くの花粉症治療薬はあるのですが、その一つであるザイザルはレボセチリジン塩酸塩が主成分の薬で白色の錠剤です。

花粉症はかゆみの原因となるヒスタミンが影響して起こりますが、ザイザルはこのヒスタミンを抑える働きがあります。もともとジルテックと呼ばれる薬があったのですが、ジルテックを服用すると眠気が起こるなど副作用が出たり、頭痛が起こることがありました。ザイザルはこのジルテックのジェネリック医薬品で、ジルテックよりも眠気や頭痛といった副作用が少なくなっています。そして第2世代抗ヒスタミン剤であるので、効き目が持続し、1日に1回就寝前に服用すると効果が長く効く特徴があります。

なぜ就寝前に服用をしなくてはならないのか、という理由についてはザイザルの特徴などが関係しています。ザイザルはジルテックよりも、眠気と頭痛が起きにくい薬なのですが、副作用が全くないわけではありません。第2世代抗ヒスタミン剤は副作用として眠気があり、人によっては強く出てしまうこともあります。ザイザルの場合服用後は車の運転や、危ない機械の操作といったことはやめたほうが良いため、薬の服用も就寝時が良いのです。

同じようにアレルギーに関して効果があるのがアレグラやアレロックといった薬です。これらの薬も大変有名で、よく処方される薬です。アレグラやアレロックは市販薬もあるので、比較的身近な薬でもありますが、この2つにも同じように副作用は存在します。

花粉症の治療は薬を服用することの他に、生活習慣や食生活を見直す、といったことが必要となってきます。体が弱い状態であると免疫力も低下し、様々なものに反応しやすくもなります。体が丈夫であれば異物が体内に入っても比較的症状は軽いことがあるので、花粉症の症状を持っている人、もしくは症状が出ていなくても家族で花粉症の人がいる場合は生活習慣を見直してみてください。

そして花粉を家の中に持ち込まない、ということも必要です。できるだけアレルゲンとなるものを避けることが大切であるので、花粉が飛び始める前から布団や洗濯物を外に干さない、家の中に入るときは服を払ってから入る、といった配慮も大切です。

花粉症の治療は毎年行われることが多く、治療も長期になります。だいたい症状は同じですが、花粉がひどく飛んでいるときなどは重くなる傾向があります。薬での対策も必要なのですが、まずは自分でも対策をしないと薬の効果を十分に感じることはできません。治療を前向きにとらえ、少しでも良くなるよう生活において工夫をすることが大切になってきます。

記事一覧
辛い花粉症の目の症状にも医薬品を 2020年05月19日

花粉症は一度なると若干の改善はあっても、毎年同じ時期に起こるようになります。これはアレルゲンが体に入り、体の中で反応してしまっている状態でその反応が鼻にでるか目...

アルコールは花粉症自体にも、花粉症治療薬にも悪影響を及ぼす 2020年04月14日

花粉症の時期は春と秋です。春はヒノキ、スギ、シラカバといった木の花粉がきっかけとなり、実際には2月の終わりから飛び始めており、この時期というのは、年度末というこ...

花粉症に予防接種はないのか 2020年02月06日

毎年飛ぶ花粉に対してアレルギー反応が起きてしまう場合、薬による治療が主となります。花粉症はアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎を引き起こすことが多く、花粉が飛ぶ...

花粉症の敵は杉だけではない 2020年03月16日

花粉症と聞くと、スギやヒノキ、が主なような感じがしますが、実はこのほかの植物も影響していることが多いです。スギやヒノキは早ければ2月の終わりから飛びはじめ、毎年...

頭痛も花粉症の症状かも 2020年02月26日

花粉症になると目がかゆい、鼻水が出るといった症状が起こることの他に、頭痛が起こることもあります。喉がイガイガすることもあり、風邪と間違えてしまうこともあるのです...

アレロックの副作用を確認した上で服用しよう 2020年01月22日

花粉症の薬としてもう一つ有名なのはアレロックです。アレロックの主成分はオロパタジン塩酸塩で、丸く淡い黄色をしている薬で錠剤の他に顆粒もあります。アレロックはアレ...

第2世代抗ヒスタミン薬アレグラは副作用が少ない 2020年01月03日

花粉症の薬は第2世代抗ヒスタミン薬を使用することが多いです。第2世代抗ヒスタミン薬はザイザル、アレグラ、アレロックなどが代表的で、それぞれ薬の特徴も異なります。...

花粉症の薬ザイザルの副作用 2019年12月23日

ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹などの皮膚炎にも効果があり、さらに咳を改善することもできます。ジルテックのジェネリック医薬品で...